FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AM2:00只今は曇_「かんとだき!!」
 今日は早朝から、明日からの立杭陶器祭りの会場設営に行く為、
早回しです、わんこちゃん達は工場内を走り回っています~

 そしてその隙に本日も「かんとだき!!」を更新します!!

 前回無事に「コロ」の下準備は完了しましたが、
「かんとだき」には他にも具材が有ります。
平鍋に直接いれて煮きながら食べるのも一つの方法で、
私の夕食の時間は不適当と言いますか、
もう半年以上夕ご飯は食べて居ないので、
酒の肴ならじっくり呑めて良いのですが、
そうすると食べ始め(飲み始め)は「コロ」だけしか味がしゅんだ物が無く、
御飯には少し寂しいでしょう~
酒の肴としては、これはこれで良いのですが、
うちの「かんとだき」を紹介するとすれば、
FBの時と同様 他の具材も書かねばね~

先ず厚揚げです。
関東煮_おでん"
この厚揚げは富田林の佐野豆腐店さんの物を2等分しました。

具材は「大コロ」と「切れコロ」を煮た鍋に、準備出来た物から順次入れて行きました。
関東煮_おでん"

ごぼ天、平天
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

これは袋から出すだけでOKなので手間いらず、
料理の出来ない私向きです~
関東煮_おでん"

竹輪、それに追加の厚揚げ
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

どちらも斜めにカットして鍋へ沈めてやれ!!
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

関東煮_おでん"
ここで、煮詰めて汁が無いのに気付き!!
急ぎで鰹出汁の準備~
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

出汁が出るまでに蒟蒻を準備。
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

関東煮_おでん"
斜め切して隠し包丁も入れておくかな?

蒟蒻を鍋に移して
関東煮_おでん"

鰹出汁4L足す。
関東煮_おでん"

醤油、塩をスプーン1杯づつ入れる。
(煮詰めるので薄い目の味で良い)
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

「しぼりたて」文字のお酒も残り全部投入
関東煮_おでん"

ヒタヒタに成りましたので一旦煮詰めます。
炎は沸騰まで中火、沸騰後は1/4炎位に落とし炊きました。
関東煮_おでん"
ここから平行して別鍋で大根と玉子を煮て行きますが、それについては早急に別の更新時に書きましょう~

コトコト2時間程度?もう少し掛かるかな、
それで、
関東煮_おでん"
この様に煮詰まります~

続く。

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト
AM4:00今日も雨_「かんとだき!!」
 雨の日は、わんこちゃん達のお散歩はお休み~
工場内に放して遊ばせる事に成ります。
そしてその隙にFBの更新等を行ってゆき、
(upするのは、仕事の手の空いた時です。)
また24時間がはじまるのですが、
始る?と言うのが、もうよく分からない位色々な事があり、
関東煮をやってるから余計にとも言われていますが、
エンドレスで続いている。

ぼやきはこれ位にして、
「かんとだき!!」を更新しましょうか!!

 「コロ」の続きですが、
「切れコロ」も「大コロ」と同じ鍋で、湯こぼし(茹でこぼし)を2回行っていました。
関東煮_おでん"
「大コロ」には串打ちをしましたが、「切れコロ」はこのままで、下味を付けて行きます~
(当然同じ鍋で炊きますよ~)
段取りは、FBに書いた内容と同じですが、少し濃いめで味付けします。

先ずは鰹節の出汁を6L取りました。
(「大コロ」1枚と「切れコロ」500g分)
それに生姜スライス適当にを用意します。
(写真を参考。容器はスーパーで売っていたゼリーの入れ物です。)
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

鰹節の出汁に昆布、干し椎茸、塩、醤油を入れます。
(塩と醤油はスプーン2杯づつ)
関東煮_おでん"

関東煮_おでん"

お酒は調味料として?
でも入れておくと薄っすらと美味し気がするので、
残り物でもあれば投入!!
新品が残っていたので、今回はこれ~
(だいぶん前に買った物が納戸で発見されました。)
関東煮_おでん"

色とラベルの「しぼりたて」の文字が微妙な違和感有ですが、
味は大丈夫です。
関東煮_おでん"

ジョッキ1杯分を投入~
関東煮_おでん"

コロ全部と生姜スライスを入れコンロを点火します。
関東煮_おでん"
(炎は中火程度ゆっくりと煮て行きます。)

煮上がったら、昆布を上に乗せ直し、炎を1/4位にし更に煮詰めます。
(落し蓋状に載せて見ました~)
関東煮_おでん"

煮詰めた時に昆布が下に居ると、
鍋に焦付く可能性があるので載せ替えました。

出汁の量が1/3程度まで煮詰めたら、
昆布と干し椎茸を退けます。
関東煮_おでん"

「コロ」の下味付けが完了です~
関東煮_おでん"

このままでも、酒の肴や御飯のおかずに成ります。
ただ関東煮に入れて炊くと更に美味しくなります~
続く。

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
AM4:00雨_「かんとだき!!」
 私は料理が出来ませんが、
タイトルはしばらくこんな感じ。
FBの記事も、もう少し整理しようかと。
仕事の都合上、
自分の場合だけ、会社では粗24時間営業~
いろいろな事業、それに装置の企画、構想、設計、製作、
常に5項目以上、数日単位で出来あがる物から、
長い物だと40~50年先に完了する計画まで、
色々な事業として平行進行させている為、
1日24時間で眠っていたら多分時間が足りないだろう!!

 只、そんな中にも、
製作中の機械のテスト動作を見ているだけと言う場合もあり、
夜中の眠気を覚ますのに、
この時期は、いろいろな音楽を聴きながら、
少しお遊び、
かんとだき(かんと煮、関東煮、おでん)の下準備や炊込み、
焦がしたり煮切らない様に使う、
鰹、干し椎茸、昆布などの出汁(出汁)を採り、灰汁を取り、
こいつを一人でやると、まあ眠気も飛ぶと言うか、
眠る間も有りませんね(笑)~

 料理は私の場合、主に食べる専門でしたので、
作る事が有った料理は、郷愁(ノスタルジー)を誘うと言うか懐かしさを感じる。
ラム肉の竹串打ち、焼き鳥の串打ち、魚の塩焼、カレー、かんとだき等がベスト5
前回の更新にも書いた通り、
遊び人の父と、迷惑な伯父さんのお陰で来客が多く、
食費がかさみ、結構な貧乏をしておりました(今もですが)。
従ってお料理も、手間が掛かってもお金が掛からない豪華なものが中心で、
子供の頃、うちでは「ベスト5」のお料理がリーズナブルな価格で出来て、
来客時のお食事に作っていました。

 それで今回は、「かんとだき!!」・・・・・





と言うか次の料理を紹介するかは分かりません?が、
関東煮_おでん"
(↑ゆで卵が10連敗上手く剥けませんでした~↑)
写真の具材は、
竹輪、ごぼ天、ひら天、厚揚げ、蒟蒻、玉子、串打ちカシワ、串打ち大コロ、串打ち切れコロです。
この他に大根にじゃが芋が仕込み中であります。

 おうちの「かんとだき!!」は、最近は「牛すじ」が入っていますが、
子供の頃は「コロ」がメイン、サブが「カシワ」でした。
そう「鯨のコロ」と鶏肉です。
よく公設市場の川魚屋さんに買いに行きました。
今回の出汁具材は久しぶりに「コロ」と言う事で、
公設市場へGO !!
所が、





あれ~
金剛公設市場が無い~
足を延ばして黒門へ~??
冷凍のを見せてもらうが少し違うな~





まあ良いか、なんとかなるでしょう!!
と言う事で10月3日「大コロ」「切れコロ」を購入。
5日から工事なので大急ぎで仕込み、
9日の打ち上げにと計画。

先ず購入したコロは何方も冷凍なのでカチカチ、
冷蔵庫のチルド室で解凍しても良いのですが、
時間が無いので室内自然解凍で融かします~
関東煮_おでん"

触った感じ鯨油が残っていてべとべとですので、
湯こぼし(茹でこぼし)を2回行いました。

そしてカット
関東煮_おでん"
串打ちをして、下味を付けて行きます~


続く。

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
関東煮(かんとだき)、おでん
 かんとだき、関東煮、おでん、
いろいろな呼び方が有り、
各々のおうちの味や入れる具材が有りますね~
カレーと同じ、具材は色々何でも入れて、面白いお料理だと思います。
 最近、FBでの更新で書いている様に、仕事の様に「かんとだき」を炊います。
(バイト料は缶ビールで~す。)
切っ掛けは、立飲みでの事。
店長のお姐さんが10月頃には、立飲みで「おでん」を出すよ!!と言う話から、
具材の話に成り、
それから、私が子供の頃は、煮きり過ぎない様、よくと言うか毎回番をさせられてた話、
うちの店(仁将)でも出していた話などなど、
そうすると飲みに来ていた連中も、
「一ぺん食べて見たいな~」と言うような話に、
「じゃあ、仕事の段取りが9月の終わり頃には付くから、そうしたら久々に炊いてみようかね~」
と言う事で何回か炊いてあげて訳です。
ただ、うちのは煮詰めて丁度なので、
「味の調整は自分でして下さいよ。
出来れば毎日朝晩火を入れて、出汁を足しながら数日煮詰めてくださいね~」
と念を押してビールと替えっこしました。

 そもそも、私がなぜ「かんとだき」に詳しいかと言えば、
もう物心が付いた時には10月から4月頃まで、
平鍋が、ほとんど何時も石油ストーブの上に乗っていて、
常時 鰹、昆布、干し椎茸の出汁を採り、それをしょっちゅう平鍋へ補充していたからです。

 このような話を書けば、
「将さん家(ち)は、関東煮屋(もしくはおでん屋)さんだったんだ~」
と落ちを付けられそうですが、そうでは無く、普通のサラリーマンのおうちで、
成る程、私以外の家族全員調理師免許も持っていますが、
関東煮屋ではありません。

 なぜ商売の様に、関東煮を炊いていたかと言いますと、
母の兄、私から言えば伯父さんが、
毎週日曜又は連休の時は土曜、日曜、祭日と、
魚釣りに行かない時は、
従業員1~2名を車に乗っけて、麻雀をしに遊びに来ていたからです。
伯父さんは、親父の上司で、当然義兄なので遠慮して、
また根っからの遊び好きも有るようで、
伯父が来る事を良い口実で、全く断ることもせず、
殆ど欠かさづ毎週ジャラジャラでした。

 当然大人が2名~3名週末には家族以外に増えて、
しかも口が付いている訳で、
少なくても4食×人数分(土曜日曜の場合)の食事と「酒のあて」が必要に成り、
その様な場合、おかずにも「酒のあて」にも使える関東煮は、とても重宝していましたね~

 ただ、うちの場合、出汁が薄味なので、
具材に味を染み込ますのには、結構な時間が掛かるので、
仕方ないのでストーブに載せて毎日炊く事に成る訳です。

 で、大阪の人間は一家に1台「たこ焼き機」を持っていると言う話、
確かに、うちにもガスバーナー式のが1台有ります~
子供の頃は日本中の一家に一台だと思っていました。

それに、これも↓↓一家に一台だと思っていましたよ↓↓。
関東煮_おでん"

この平鍋、仕切り板を別注で鋳掛させた特注品だとの事!!
関東煮_おでん"

混ざると良くない出汁どうしの時、都合が良いのです。
内法は、46cm×32cm×深さ8cm 業務用の大きさかな?
最近はあんまりですが、50年近く使っているのではと思います。

続く。

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
昨日午前中に切った
 材料を組み立てて行きます。
本当、簡単にできますよ~
秋田いぬ犬舎"
①コンパネ12×900×450mmに桟木426mm×3本センター割り振りで、

秋田いぬ犬舎"
②次は、画像の様にコンパネ12×900×450mmに桟木426mm×1本センター割り振りでコーススレッド(木ネジ)で固定します。
位置(高さ)は簀子の下面に合わせておきます。

③この2つを90度で固定します。
(コーススレッドは、コンパネ側から桟木を止める様に固定します。)
秋田いぬ犬舎"

④コンパネ12×900×900mmを隙間が無い様に合わせて、
秋田いぬ犬舎"
各桟木の端面に向かってコーススレッドを打ち込み固定します。

⑤反転させてもう1枚コンパネ12×900×900mmを隙間が無い様に合わせて、
各桟木の端面に向かってコーススレッドを打ち込み固定します。
これで4面塞ぎの箱が出来るので出入り口側に、敷居と簀子(スノコ)受を取付け、
(スノコ受は②の高さに合わせて付ける。)
そして、ホールソーで内径50の穴を均等に開け、扉6×900×450mmを蝶番で取付ければ完成です。
秋田いぬ犬舎"

興味津々
秋田いぬ犬舎"
少し嬉しそうです。

犬舎は犬が座った状態で幅に余裕が有り、頭が打たなければ大丈夫。
この子達なら15Kg程度まで大丈夫かな。
続く。

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。