fc2ブログ
銀細工6
今回は志乃の結果報告の予定でしたが、作品を御客様にまだお見せ出来ていないので、銀細工の続きを更新します。


石膏型から脱蝋し800℃に上げるまでの間に鋳造する素材の準備をします。
通常は950シルバーに成るように純銀と925シルバーとブレンドしていますが御客様の要望で今回は純銀だけを使用します。必要な重さ160.9gを計り、鋳造機の坩堝えセットします。
銀15


鋳造機は前もって、試運転と調整を行なっておきます。
この装置が私の使用している真空加圧鋳造機です。この装置の坩堝に上記画像の純銀を入れました。

この鋳造機は、廃棄物状態の物をインターネットで見つけ12万円で購入しました。
其れを自分で修理改良し、2種類のガス(アルゴンガス、窒素ガス)を同時使用して溶融金属の酸化防止、足し湯の加圧、等、出来るようにしています。PCも内臓されており設定すれば殆ど自動で鋳造出来る結構使い良い機械です。新品なら500万円程の装置なので良い物を手に入れました。
銀16


石膏型は一旦800℃に上げ1時間保持した後、700℃に下げ1時間もう一度保持して取り出します。(取り出し直後で、薄っすらと赤く焼けているのですが判り難い画像でした。)
銀17


装置に石膏型を組み込み、いよいよ鋳造開始。
スタートボタンを押すと、先ほど準備しセットした純銀がインダクションヒーターの加熱により真っ赤に成った坩堝内で溶けてゆきます。
銀18


次回へ続く!!

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ

スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.