fc2ブログ
答えの無い宿題
前回、「なぜ父親が、私に、カブマツでカーボンサイクルを積極的に出来るだけ早く行う様、
提案したかを、また効率を如何に上げるか、そしてどのような意義が有るのか。
と言った事を紹介したいと思います。」と書きましたのでその説明を少々。

カブマツは、少し前にも少し書きましたが、
温度を1,300℃以上上げる、大きな炉を作り
(正し高効率、省エネでは有り、出来うる限り進歩し続けています。)
CO2排出負担の観点から言えば環境にとって、大きな負担になる物を作っております。
当然この炉を作る為にも、ガス切り、溶接、研磨など多くのエネルギーを消費している訳で、
製造工場で有れば当然の事ですが、
前回書いた昨年3月のWVO及びSVOの車のテレビ放送を見た後から、
父曰く、「重油は、これから本格的に上がるな。省エネ出来ん会社はつらいやろうな。」や、
「近々環境税や炭素税なる物が出来た時の対応はどうや?」等、
「うちの会社は、省エネや、環境はどうするつもりやねん。」と少し心配な様子。
その半年後、御客様のIH鍛造炉(インダクションヒーター)の最高20%の省電力化に成功してからは「自分の会社の事やから、余所の省エネと同じくらい力入れなあかんで。」
と更に所謂また答えの無い宿題を出す訳です。

機会が有って、この話をじっくりと聞いて見ると、
「我々零細企業は、環境税や炭素税が本当に成れば、苦しいに決まっている。
もし他社より早く対応をすれば、その時点でパイオニアになれる。
税金については、まだ噂しかないが、手が空いているうちに、出来るだけ、
先行し手を打つべき事ある。」
また、「環境の対応については、国、行政、大手企業より、中小零細の方が動きが良いので、
おまえなら直ぐに結果が出せるだろう。
将来の環境とカブマツの節税の為、是非今やるべき事である。」と言う話である。
これは回答では無くヒントでしか無いが、
その後一旦落ち着いていた原油価格が父の言う通りぐんぐん上がり出すのを見て、
父の言う事に間違い無いとこれで確信しました。
他にも未だ色々話ましたが、(例えば京都市のバイオ燃料の事等です。)
またなにかの機会に紹介したいと思います。

父が何故、カーボンサイクルを積極的に出来るだけ早く行う様提案したか、
どのような意義が有るのか。については、父の心配事がきっかけで、
あまり大した事では無いですが、せっかくはじめた事なので、結果が出るまでは頑張ります。

効率を如何に上げるかについては、
環境対策を、どの様にするかが決ってからの事なので、次回に回します。

前回、父は、広く浅くでは有るが、物事、道理を良く心得ていると書きましたが、
毎日ニュースを、早朝から夜遅くまで良く見ていたからだと思います。
しかし、それらの情報を、我々の仕事やそのヒントに結び付ける判断力は、
舌を巻き、今の自分にはとても真似はできません。
偉大な父親でした。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ

スポンサーサイト



環境、CO2、カーボンサイクル
さて、昨日の「まだ検討し吟味するべき所が沢山ありました。」の続きですが、
更に環境に良い事等と色々試行錯誤の中、年が明早々2008年1月だったと思いますが?、
今度は、日曜日の夜に放送している、「ザ 鉄腕 DASH」と言う番組を夕食を食べながら、
家族と眺めていた時、またまた見てしまいました~。
この番組、時間が有り放送していれば毎週夕食を食べながら見るのが楽しみにしており、
この時の放送は、
「SVO方式?のディーゼルの三輪車とバイクを、廃食油で、時間内にどこまで走らせれるか勝負」
と言う様なものでた。
この時の父親が、
「これはおもろい、京都よりええな。お前やったら京都に勝てるやろ」と言った事で
カブマツは、WVO方式で、京都市のBDF燃料では無い方法で、
新たなカーボンサイクルに取り組もうと、決まりました。
我々の父親は、経理専門ですが、それ以外も可なり博識で、
ただ広く浅くでは有るが、物事、道理を良く心得ており、
今まで言われた通りに行って、失敗したと言う事は全く無いので、
今回も素直に従いました。

次回は、なぜ父親が、私に、カブマツでカーボンサイクルを積極的に出来るだけ早く行う様、
提案したかを、また効率を如何に上げるか、そしてどのような意義が有るのか。
と言った事を紹介したいと思います。

しかしカブマツにとって有益な情報は殆ど日曜日に家族で眺めている
テレビ放送が多いのは、なぜなのでしょう?。
不思議ですね。


紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ

エコ・エゴ?
今日は、裁判所に行きましたが、予想通り、次の日程を決める程度で殆ど進みませんでした。
毎度の事ながら、引伸ばしが相手代理人の作戦と思え、見え見えなのですがね~。

さて気を取り直して、前回の更新で、「KMCCIP」(カブマツ炭素循環()計画)の事を書きましたので、
その詳しい説明等書いて行きたいと思います。

この計画は、炭燃料の陶芸窯「紫松窯」の燃料をハイカロ炭に選定した時からはじまり、
まだ20世紀後半の時で世間では、エコ、リサイクルなどまだ余り意識が薄かった時でした。
(予断ですが、コーヒーの焙煎殻でリサイクルした炭で焼き物が焼けると言う事が受、
またこの度特許も登録完了し、現在も順調に販売しております。)
カブマツの本業は、創業以来、大量の化石燃料を投入して、温度を1,300℃以上上げる、
大きな炉を作り(正し高効率、省エネでは有り、出来うる限り進歩し続けています。)
CO2排出負担の観点から言えば環境にとって、大きな負担になる物を作っております。
そこに1石を投じるこの燃料選択でしたが、昨年初めから、原油高の為、メーカーよりハイカロ炭値上げの
依頼が有り、皆さま方に協力していただく通知をし、
ここでふと思い出してしまいました。
それは、「ハイカロ炭」が完全なカーボンサイクルでは無いと言う事です。
(あくまでも燃料を供給する立場としてです。使用するユーザーは別ですが、
詳しくは、このブログにも書いて行こうと思います。正しまた後ほど。)
手間やコストを外注先に押し付けただけの物であると言う事に薄らと気づき、
(ここがエゴです。)
何かもっと環境に良い物は無いかと考えている時、2007年3月ごろだったかと思うのですが、
日曜日の朝から放送している「所さんの目が点」と言う番組を家族で眺めている時、
菜種油の廃食油でディーゼル車を、走らせているのを見て父親が、
「これはええな、勉強しとき」と言ったのがきっかけでした。
調べてみると、
このテレビでのディーゼル車は、SVO(ストレートベジタブルオイル)または、
WVO(ウェイストベジタブルオイル)方式に
改造する必要はありますが、油を綺麗に濾過するだけで普通に走っておりました。
話題の京都市の、BDF燃料の場合、対応車は、車の改造の必要無い分、
菜種油の廃食油を、綺麗に濾過したあと加熱し、アルコールと薬品を入れ
グリセリンと分離し、洗浄する工程を経てようやく燃料となる為、
燃料自体コスト(コスト=CO2)が掛かり、環境にはあまり良くないと言うイメージでしたが、
いずれにしても、一長一短でこの時点では、まだ検討し吟味するべき所が沢山ありました。
続く・・・

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.