fc2ブログ
志乃の新作と蛍手
さてさて志乃の蛍手でありますが、
最近は飽きてしまって、新作は有りません(笑)。
HPより引っ張って着た古い画像では有りますが参考にしてください。
志乃茶碗


お茶碗を持ち上げて明るい所に向ければこの通りです。
志乃茶碗

作陶、彫りこみ、そして素早く特製磁器土の象嵌を行い、素焼き、施釉、焼成と行いますが、
どの一工程全て割れとの戦いですね。
この作品を公表した時、先輩の皆さん方は、
「よくこんなアホな事したな~」
と呆れていましたが、本当良くやりました。
若い時は本当に、エネルギーがありましたね!!

さて昨日も書きました焼成中だった無地志乃でありますが、二客とも完品で採れました。
本日は、やや・・・・な一客分のみ画像を公開します。

涼やかな夏茶碗をお楽しみください。
志乃茶碗


高台は、竹節、志野釉は三角掛けです。
志乃茶碗

志野釉の薄い所はオレンジ色、掛け際は朱色に近い緋色がでてとても艶やかな気色です。
無地志乃とは言えない出来映えです。

これだけの出来なら仕方ないですが、このお茶碗も、
もう一客と共に明日には手元から旅立ちます。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ


スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.