fc2ブログ
志乃夏茶碗2
 昨日書いたビードロの焼き直しについて書くつもりでしたが、
カメラを、まだ陶技室に置いたままの為、画像が有りません。
中々の出来映え、まるで本当の穴窯で焼成した様に成りました。
所々金色に成り、炭化の焦げも付け見栄えは良く成りました。
画像UPをお楽しみに!!

ところで志乃茶碗と志乃急須の窯は、現在800℃を指していました。
明日には出せると思います。
したがって本日は別の窯を出しましたので、その志乃夏茶碗を公開しましす。

今回の志乃夏茶碗は施釉を前回よりやや薄めにしましたので、
今回も無地志乃の技法では有りますが、赤志野調に成っております。
志乃夏茶碗


内側の画像です。
志乃夏茶碗


高台側の画像です。
志乃夏茶碗


志野釉は、薄掛けの所に緋色が出ると良く聞きますね。今回の茶碗も良く出ています。
唯、何ミリの厚みを薄がけと言うのが分らないと思いますので、
今回は、試して見ました。内側の画像を見て頂くと、色が別れていますね。
白い部分は葉書二枚半は有りました。
緋色の部分は葉書一枚分程度の厚みです。
施釉時、長石釉(志野釉の事です。)を柄杓で、お茶碗に一杯に成るまで入れ、
10秒程度したら白く焼き上がった場所から外に空けると、
釉が流れる出る時間分(約10秒以上)だけ暑掛けになりこのような仕上がりを見る事が出来ました。
今回の長石釉も可也とろとろとしており 中々空ける事が出来ないのでこのように出来ます。

私が五年程前に焼いた、志野の花器で、とても評判の悪いのが有ります。
「痰唾をマブシタ様な壺」と言われ今も私の工場の隅にひっそりと置いてありますが、
豪快にしないと、面白いのが取れないので、長石をコテコテとまぶし付けました。
私とすれば気に入っておりますが、可也評判は悪いです。
ですので、前回の花器類等は少し大人しくして見ましたら面目を保つ事ができました。

志野釉は、濃淡を付ける事で緋色の加減が出来るが、
焼き上がりを予想して施釉しないと、作品を駄目にしてしまうようです。
気をつけましょう。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ


スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.