fc2ブログ
昨日は、
とっても 嬉しい お知らせを頂きました。
私の製作している紫松窯の、
タイプSと、NAの二台をご購入頂いた、
澁谷様が、念願の個展を開催すると案内を頂きました。

神戸市灘区に有る「南天荘画廊」さんで、
http://www2u.biglobe.ne.jp/~nantenso/

   「澁谷博 陶展」
が、8月7~12日に行われるそうです。
焼き〆、窯変、灰被り等、
薪窯作品と同じ焼き上がりの作品に驚かれると思います。

澁谷様は、初めてお会いした時は、
そろそろ陶芸教室でも開こうか、と言って居られた方で、
自分で、良い土を集めて、
お父様の仕事場を、工房に衣替えしてと、着々と準備をされてましたが、
最初に、ご購入頂いた、
紫松窯タイプSで、その準備していた土の作品を焼いて見た所、
焼き〆による自然釉灰被りや金色の窯変に驚かれ、また大変気に入られて、
教室を開いて、(無駄に)粘土を減らすのは勿体ないので、
自分で陶工として、作品を作り、発表、販売する事に方向転換された方です。

また兵庫県三田に住んで居られるので、10月の「丹波焼陶器祭」には、
毎年、我々の実演焼成に陣中見舞いに来ていただいたり、
教室を開くのは、止めた為、要らなく成ってしまった11KWA電気窯を頂戴したりと、
懇意にして頂いております。
我々も、何かお役に立て無いかと、紫松窯の窯詰めの方法や、
澁谷様が、今使われている粘土と同じ様な窯変の出る土を提供出来る様に等と心掛けて居ります。
これについては、テスト中では有りますが、
手元の土、数種類を混合して中々の結果が出ているので直に実現できるでしょう。

この様な事ですが、私及びカブマツは、縁の深い陶芸家の皆さんを、
微力ですが、応援しております。
これからも続けて行きたいと考えて居ります。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しました。
どちらもポッチとクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.