fc2ブログ
PLの花火
今、終ました~。
花火
スローシャッターで上手く撮れませんでした。
しかも靄ってしまい苦労した一枚です。

毎年、工場に居る時は見ていますが、
今年は久しぶりに最悪の風向きでした。
しかし「天気が悪いのは天気が悪い」と、
仕方がない事です。

では飲みかけのビールが温もるので、また明日!!

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非「ポッチ」とクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
どちらも「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



四時間シリーズ!!
今日の予定は、窯出しも無く、
従って新しい作品も無いので、
昔の画像を紹介します。
炭燃料の窯で、「志野を焼成しよう」と、お考えの皆様の参考に成ると思います。

志乃お茶碗
中々いい感じに下絵が出ているでしょう。

元々此方で↓、
ブログ

今日2009年8月1日現在「1位」の熊本先生に頼まれた、
電気窯で使用できる志野釉が如何しても上手く行かなくて、
気晴らしの遊びで焼成したものでした。

点火後1時間30分で1,340℃を超え、約20分程その状態をキープし、
その後は2時間で、炭を燃やし切りでながら冷ますだけの、お手軽志野焼成です。

炭燃料の窯と言うのは、
私の場合、「紫松窯」を使用していますが、
性能が同じ様に出れば、他の物例えば七輪でも可能でしょう。

唯、高台側、つまり炎が直接当る部分は、
志乃お茶碗
この様に珈琲豆の自然釉灰被りに成り、
窯変志野、青志野と言った状態ですが、良い雰囲気です。

追々別の記事でも書きますが、
元々頭を打っていた電気窯用の釉薬を焼成した事で、
炎が、と言うより炎の種類が重要だと判った作品です。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非「ポッチ」とクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
どちらも「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.