fc2ブログ
火炎の違いについて、
自ら陶芸を行っている皆様なら、当然ご存知でしょうが、
陶芸窯には主に、電気窯、灯油窯、ガス窯、薪や炭燃料の窯等の種類が有り、
またその燃料を複合させた併用窯が存在します。
私感ですが、
電気窯は、火炎と言うより、熱波と言うイメージ。①
灯油窯、ガス窯の火炎は、不純物の無い精製された燃料なので、
透明と言うイメージ。②
薪や炭燃料の窯等の火炎は、不純物だらけの煤けたイメージ③、
と言った感じでしょうか。

窯変について、
外からの作用と内からの作用の2種類有ると考え、
火炎による窯変とは、酸化、還元の作用での気色の違いとは異なり、
初めに仕掛けた、釉薬や生地土の成分以外、
別から入り込む成分に依って起こると私は考えて居ります。

従って、③以外の火炎は、綺麗に精製された燃料の為、
不純物が無いので、
窯変は、殆ど起こり得ないと言う事が判ると思います。

逆に③は、不純物だらけの煤けた火炎なので、
焼成途中の生地や釉に影響を与え、
其の炎の中の成分が生地土や釉に吸収されて
窯変が起り安い事いと、考えています。

薪や炭燃料の窯等で、自然に付く、
緋色は、上記の外からの作用の、窯変だと考え、
昨日記事に書きました様に、志野の焼成でも重要視して居りました。

では他に、志野の見所があるとすれば、
と言うよりこれがメインの見所だといえますが、
長石釉の表面や薄掛けの所に出る緋色や下絵の文様でしょう。
志野拡大
これは内からの作用の窯変と言えます。
ただ、よく、生地中の金属分が、長時間かけ、
長石釉の表面の浮出た物と言われて居ますよね。
この緋色を狙わない鼠志野が、
比較的短い時間で焼成出来る事でも証明出来ている共いえますが、
疑問が残ります。
(部分的な説明なら正解だと思いますが、)

上の絵志野は、大雑把には、長時間の焼成と長い徐冷により、
この様な気色として現れ居ますが、

同じ時間の条件で、ガス窯で焼くと
志野ガス
この様な釉調です。
緋色も糞も無いですな~。

と疑問を残しつつ、次回へと続く・・・・・

今日の記事はあまり専門的では無かったかも知れませんね。
あくまでも私の考えです。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非「ポッチ」とクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
どちらも「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.