fc2ブログ
焼き上がりました。
出来映えはと言えば、良い様な悪い様なと言った所で、
カッコ悪~い。と言われそうな状態ですね。

新しく入れたお茶碗の焼き具合は、下絵の出具合、土見せの緋色の濃淡は、
申し分ありません。
しかし、少々焼き過ぎ感はあり、
外側に20目の粗い長石をかけましたので、
数か所か粒が出て居り、持ち味が悪く感じる所が有ります。

ぐい飲みもお茶碗と同じ、と言った感じです。

アクセも、
下絵の出具合、緋色の濃淡は、良くなりました。

さて問題の
花器の焼き直しは、
志乃焼なおし
この様な感じです。
下絵の出具合、緋色の濃淡は、申し分無く良くなり、
焼き直して正解でした。

志乃焼なおし

志乃焼なおし

志乃焼なおし

今回の焼成は、48時間もの間、練らし行程を行いましたが、
20目の粗い長石を全て溶かし切れませんでした。
温度を上げれば、もっと短時間で融けるのですが、
全体の透明感が高くなり、ピカピカに成る事は、間違いありません。
今回でも部分的に艶が出過ぎて居り、
出来るだけ、この艶を抑えるのに温度を下げて来た事から考えると、
やや粒度を細かくするか、練らし行程を更に増やすしか無いようです。

長石の20目は、
「かなり歯ご応え有りでチュ~」
と行った所でしょうか。

他の品物の画像は未だ撮り込んでいません。
品物が高温の為、未だ窯内に入れて徐冷しております。
花器だけは報告しようと決死の覚悟、で取り出しました。
(少し大袈裟でした~。)

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非「ポッチ」とクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
どちらも「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.