fc2ブログ
昨日は予定通り
発電機

8時からエコジェネ君を始動、順調に発電してくれました~。

エンジンオイルも植物油性の物に変え200~300時間の耐久テストも兼ております。
良い結果が出ればと願うばかりです。

さて本日は久々に陶芸の話、
と言っても今日は窯について少し書こうと思います。

皆さんは工業炉と陶芸窯の違いは判りますか?
素人さんと言えば反発が有るかも知れませんが、多分一般の方に違いは分からないでしょう。

違いを簡単に言えば耐久力と省エネでしょうか~

工業炉は、平日ほぼ毎日操業が通常で、24時間連続操業もざらで、
その消費カロリーも莫大です。
大型炉なら1%の省エネが年間数百万円のコストダウンにつながる事もあり、
省エネ化には各社シノギを削って来た訳です。

また工業炉は、先の説明の通り平日ほぼ毎日操業が通常なので、
大規模なメンテナンスが出来る時期は、
一年間で 年末年始の休み、5月の連休、御盆休みしか無く、
突発故障でも無い限りそれ以外の時期で行う事は皆無です。

そしてこの突発故障による平日操業中の炉の故障や停止は、
カンバン方式を採用している、
自動車メーカーさんのラインの停止にもつながる場合も有り、
常に数時間単位での対応で解決して行かなければなりません。

そしてメンテや修理のサイクルは短くて1年に1度、長くなれば5年と言う具合でしょう。
つまり炉に耐久力が高く無ければとんでもない事態が起る訳です。

その点市販の陶芸窯、
結構大手さんも手掛けていますが、耐久力・・・・?
どうなんでしょう?
前に陶磁器の催し物の所で、日本電○シン○さんに、
シン○さん製の電気窯のモチについて尋ねたところ
本焼き1,250℃を100回以上はイケるでしょう!!との事でした~  笑いますね~。
100回で潰れる事は無いでしょうが、倍の200回にしても先に書いた
工業炉とは桁違いに低い耐久力としか言えませんものね~

次回へ続く!!



ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。
********************************************************
紫松窯陶芸クラブでは、
新たに会員を募集いたします。

当ホームページの内容は未だ変更して居りませんので、
詳細は、此方のブログを参考にしてください。

(特徴)
リサイクルの炭燃料を使用した、
独自の焼成技術で本格的な焼き上がりも実現できます。
エコ、エコ!!で薪窯の様な焼き上がりも!!

安心して作陶を楽しんで頂ける様に指導させて頂きますので、
初心者にも安心。
安心、安心。

手回しロクロ、電動ロクロ等を使用し、手びねり、タタラ作りなど、
多彩な技法に挑戦してください。
楽しい、楽しい!!

(日時)
毎週水曜日 午後1時30分~4時30分

(入会方法)
随時受け付け

(費用)
入会金 金¥10,000円
(退会時の返金は有りません。)

受講費は1回支払、またはチケット制です。
1回      ¥2,000円
11回分    ¥20,000円(チケットを渡します。)

焼成代 作品の重量 1g当り4円より、
     (志乃釉の場合は都度計算します。)

体験コース 1回¥4,000円  粘土500g付き、焼成代込

この様な感じで行っています。
お近くの方で、興味の有る方はお問合せください。

(住所)586-0094
大阪府河内長野市小山田町5365-23

株式会社 マツダ
(通称:カブマツの2Fで~す。)

(TEL)
0721-53-9444(松田まで)
AM9時~PM7時程度までなら繋がると思います。
********************************************************
紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.