fc2ブログ
無事到着か?
出荷した紫松窯タイプSは、無事到着かな~

出張に出て居たので確認が出来ていません~

何か有れば、お客様から連絡が有る筈なので、

便りの無いのは~でしょうか?

紫松窯S


昨日は、窯について少々辛口に書きました~

異論のある方も、賛同される方も有ると思いますが、

あくまでも私の私感です~

今日も、お気に召すなら、お付合いください~


紫松窯タイプM

昨日は「窯の神様~」についてかきましたね~

皆さんは、「窯の神様」を信じますか~

何を隠そう、私は、信じており(笑)、

紫松窯には宿っていると思っています~

この神様、手を抜けば、す~ぬっと力の抜けた作品を

気合を入れ過ぎると、力み過ぎた作品を焼き上げてしまい、

常に頃合いを見極めて窯詰めしますが、いつも、入れた通りに焼けてきます~

紫松窯タイプM

お茶碗の場合、名の向きを間違えて、ズレた向きに窯詰すると、

いくら、「窯の神様」に願をかけても間違えたままに仕上がると言う事です~

紫松窯タイプM

この場合、焼き上がりがの気色が最高でも、失敗は失敗、諦めるしか有りませんね~

その辺から考えると焼成時の「神通力」という物は、

「この様に、焼けてほしい」と思う

作者の強い想いが、窯を通じて作品に作用するのではと、この頃は、感じています~


世の中には、人智の及ばない不思議な事が有るので、

「窯の神様が~」と思いたくなる有難い事もおこります~


しかし、窯のお陰では無く、焼成している本人により、

その作用が有り来の結果と捉えれば、

おのずと自分の技術を磨き、沢山の経験を積み、

窯を自在に、コントロール出来るよう努めるのが正道でしょう。

紫松窯タイプM

という事で、窯は、ロクロや鉋と同じ道具だでしか無い という事に成ります~

紫松窯タイプM

では、どの様な窯がを選べば良いと思いますか?

私は、シンプルな物が良いと思いますが、皆さんは如何ですか~

続く~

巷では、夏休みに入った様ですね~
この際、紫松窯も夏休に因みたいです~
キャンペーン商品は、3台に決定!!
詳細は近々発表!!  コウご期待!!



ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。
********************************************************
紫松窯陶芸クラブでは、
新たに会員を募集いたします。

当ホームページの内容は未だ変更して居りませんので、
詳細は、此方のブログを参考にしてください。

(特徴)
リサイクルの炭燃料を使用した、
独自の焼成技術で本格的な焼き上がりも実現できます。
エコ、エコ!!で薪窯の様な焼き上がりも!!

安心して作陶を楽しんで頂ける様に指導させて頂きますので、
初心者にも安心。
安心、安心。

手回しロクロ、電動ロクロ等を使用し、手びねり、タタラ作りなど、
多彩な技法に挑戦してください。
楽しい、楽しい!!

(日時)
予約を受けしだい随時開催

(入会方法)
随時受け付け

(費用)
入会金 金¥10,000円
(退会時の返金は有りません。)

受講費は1回支払、またはチケット制です。
1回      ¥2,000円
11回分    ¥20,000円(チケットを渡します。)
*************************
2セット(約チケット22枚分。)程度 受講頂ければ、
大凡、なにでも割れずに作れるように成ると思います。
あとは自分次第です~
*************************

焼成代 作品の重量 1g当り4円より、
     (志乃釉の場合は都度計算します。)

体験コース 1回¥4,000円  粘土500g付き、焼成代込

この様な感じで行っています。
お近くの方で、興味の有る方はお問合せください。

(住所)586-0094
大阪府河内長野市小山田町5365-23

株式会社 マツダ
(通称:カブマツの2Fで~す。)

(TEL)
0721-53-9444(松田まで)
AM9時~PM7時程度までなら繋がると思います。
********************************************************
紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/



スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.