fc2ブログ
今晩は~
今日は、緊急出張で、内作が進まず~

モーターを組み込んで、実機テストと考えて居たが、残念~

明日に持ち越しです。


では、昨日の続き、

ベアリングホ-ル側の組み立てから紹介しましょう~

先ず、ベアリング6204Z(片シール)のカバーの無い側に、グリスをたっぷり充てん。
フライス

次に、ベアリング6204(シール無し)の片側に、グリスをたっぷり充して、その面を下にして挿入。
フライス

2番目のベアリング6204(シール無し)の装入した上側にも、グリスをたっぷり充てし、

3番目のベアリング6204Z(片シール)のカバーの無い側に、グリスをたっぷり充てんし、
その面を下にして挿入。
フライス

この後ベアリングカバーを取り付けします。


フライス

X軸に、カップリングを締め付けます。
フライス

X軸を、ベアリングホ-ルに装着。
フライス
フライス

X軸ピニオンを取り付け。
フライス

サーボモーターを取り付けます。
フライス
フライス

Y軸も同じ手順で組み立てます。

z軸はモーターが大きい為、伝達トルクの大きなカップリングを使用します。
フライス

締め付け部分の切かぎが、NBK(鍋屋バイテック㈱)と違います。
フライス

先と同じ手順で、6204Z、6204、6204Zのベアリング3枚を、
組み込んだ後、ベアリングカバーを付ける。
フライス

Z軸にカップリングを締め付けます。
カップリングはトルクレンチで締め付けます。
フライス

Z軸を、ベアリングホ-ルに装着。
フライス

サーボモーターとピニオンを取り付けます。
フライス

この後、3軸連動運転のテストを行い、上手く動きました~

明日、フライスに組み込みます。

続く~

さて、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.