fc2ブログ
咳は相変らず~
改善しませんな~


cnc(日立チャン)には、テストをしながら、色々、追加装備中。

テストと言えば、CNCにバックラッシュ補正を入力していないので、

80φや100φの時は余り気に成らない程度の仕上がりなのですが、

15Φ程度の小さな丸ボスや30φの丸穴を削るとX軸Y軸頂点過ぎ付近がフラットに成り、

まだまだ真円が出せてません。

この件を、先週からトライ中~

まず、USBCNCのバックラッシュ補正値を、適当な数値、X軸、0.35、Y軸、0.35と入力し、

エンドミル6.5mmを使用して、前に使った、「試斬り」のプロブラムで削ると
フライス
X軸は改善の模様、しかしY軸は殆ど変化無し~

つまりY軸の補正はもっと大きな数値を入れなければ成らないようです。

次に、バックラッシュ補正値を、Y軸、1.35と入力し、

原点に移動するために、各軸、ジョグ運転で操作、

すると正転、逆転と回転を変えた時は、

問題無くバックラッシュ補正値分の高速送り現象が有り、

Y軸は結構激しい動作です。

期待しつつエンドミル10mmを使用して、ボス部分だけ削り出すと、
フライス

あれあれ~、余計に酷くなった様な~

機械をバラシタ時に、ボールネジのガタを確認した所、

殆んど感じられない程だったので、

「X軸、0.35、Y軸、0.35でも大きいな~」

と考えて居たのですが、補正値1.35mmにしても間に合わないとは~

いや~ 甘くありませんでした。

減速ギヤーのバックラッシュが大いに影響している様です。

Y軸はX軸より、もう1段余計にギヤーが有ったような記憶が~

従ってX軸の数倍は覚悟しなければ行けませんね~。


これを詰めて行くには先ず、各軸の隙を、精密に計らなければ成りませんので、

各軸0.001mmずつ移動出来る様に、装置にハンドパルサーなる物を取り付け~

ジャジャン~

三菱製だそうです。(本当は、黒いのが欲しかった~)
フライス

フライス

これをUSBCNC製造メーカーのEding CNCさんのサイト

(http://www.edingcnc.com/index.php?pagina=8_download)からコピーした、

マニュアルに書かれている、D-sub9pinコネクタのピン番号を、

しっかり確認しながら半田付けし配線。

USBCNCに取り付けて、ソフトをハンドパルサー画面へ切り替えて、

ゴリゴリ~

いくら回しても、装置側は、全く反応なし~

配線を確認しても問題ないようなので、原因究明のため、全ての資料を再確認~


すると判りました~

自分の失敗です~。

Eding CNCさんのピン配列と、

購入先のオリジナルマインドさんの公表しているピン配列が、少し違うと言うことが。

同時にもう1つのD-sub25pinコネクタの、ピン配列の割り振りも違う事が、


オリジナルマインドさんの説明の所に

「他の入出力端子については「USBCNC CPU5A Economy Series仕様書」の通りです。」

と書いて居たので勘違いしました。


しかし~ この時点で判った事は、返って幸運であったとポジティブに考え、

ただし、配線のやり変えは、半田付けが面倒臭いので、後回しとして、

ハンドパルサーの結線だけを変更しました~

続く~

新しく、人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.