fc2ブログ
さて~
腕が鈍って、腕がぱんぱんです~

A軸の面板を組み付けて、計測すると3/100mmの上下動の振れがあり、

最終仕上げとして、A軸自回転によkつて切削した所、

ド壺に嵌まる結果でした~

4/100の上下動の振れになり、

それを直すため、更に切削を繰り返し、

3/100に戻った所で、手仕上げをしました。

最近、プレスの旋動面もデスクグラインダーで、

簡単にきさげ(風)仕上げ等、

非常にズボラな事をしていたので、久々だと腕が重いです~

もう若くは無いと言う事ですね。


さて、このA軸の仕上げの続き、

組み立て工程を、アップしてゆきましょう~

前回公開したこの部品、
フライス

これを順番に組み立てて行きます。

先ず、ウオーム減速機の出力軸と繋がる、所謂、主軸の部分です。
フライス

クロスローラーベアリングを挿入、
フライス
勘合は強(きつい)目にしています。


クロスローラーベアリングの内輪固定用のフランジを取り付け。
フライス
フライス

ねじは、トルクレンチで、規定トルクで締めています。

クロスローラーベアリングの外輪固定用のフランジに挿入。
フライス

この部品で芯を出す訳では無いので、勘合は、そんなに強く無い程度です。

(ガタガタでは無いです。)

反転して蓋のインロウ部分にクロスローラーを挿入する。
フライス

この部品は、軸芯を出す重要な所なので、勘合は、強い目、

先程の、外輪固定用のフランジを締めて行く事で、やや圧入ぎみで挿入しました。

ねじは、先程の、内輪固定用のフランジと同じように、

トルクレンチで、規定トルク締めて、蓋の完成です。

反対側です~
フライス

この後、
フライス

この箱の蓋としてセットするのですが、中の減速機の位置が微妙に合いません~

さあ、どうする。

続く~


人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.