fc2ブログ
いそがしいと言うか~
あまり仕事が無いので、先で炉作りの仕事が頂ける様にと、

見積もりの積算をする為の拾い出しをして、すぐに時間が過ぎて行きます~

お客様よりの図面73枚、

数年かけて可也詳細な設計をされて居るので、読解にすこし時間が掛りましたが、

月末までには何とか成り、お返事と良い提案が出来そうです。

A軸は、コネクターの半田付けと、

リレー回路の電装が、まだ残っていますがしばらく、数日は、お休みです。

ただこの仕事が決まれば、このCNCが活躍する部品製作も、沢山あるので、

多少残業時間や、部品代等の費用が掛かっても、出来るだけ早急に仕上なければ成りません。

所謂、尻に火が点いた状態です。


さて、さて、

前回の続きですが、組込んだ減速機は、

20年前に試作した、画像比較式の鍛造品検査装置に使用していた物です。

因みに、製品名は、自動検査装置「健さん」でした。


余談ですが、「健さん」と言う名前、

世界的な俳優の高倉健さんにあやかろうと言う事で、命名しました。

この装置が有名に成る様に、との願いと共に、

「死んで貰います」と言う、あの有名な台詞の様に、

検査を始めると不良品を選別し、

撥ねまくる、そのような鮮やかな性能を、お客様に伝えたくて、

しかも、見事に「検査」の韻を踏んでいるので付けました。


ただ、見事に売れませんでしたね~

最近なら、不良品が社外に出ると、信用問題に成り、

事故にでも成れば、PL法関連で、会社の危機もあり得る為、

そこそこ売れるかもしれませんが、

当時は、まだ検査に、余分な費用を掛けるより、

一個でも余分に、品物が出来るように生産設備に、

お金を掛ける方が合理的と言う考えが主流で、見学や問い合わせに追われ、

商売に進展しませんでした。つまり20年程早すぎました~

という事で、A軸の減速機は、20年前の品物です。


元々はこんな物です。
フライス
フライス

出力軸の四角い板に、樹脂製の円盤を取付、側面検査用に使用していました。

20年分のホコリにまみれています~

これから、出力軸の四角い板、

ブレーキ、クラッチ、モーターを取外して、

大きな入力軸のフランジを作り変えて、

このように収めたのですが
フライス
(毎々同じ画像で、お恥ずかしい~)

この状態に納めるには、少々手間取りました。

取付は、ケース下面に4ヶ所ネジをたてて、それで固定しています。

当初の予定では、減速機のベース穴が、

割れない程度の勘合を持ったリーマネジを拵えて、固定しようと、しておりました。

これだと、芯出しピンを打たなくても何時も同じ位置に組みあがるので安心。

当然ネジの下穴は、メーカーサイトからDXFを頂戴してきて、

それをNCVCに取り込んで、このCNCで開けて居り、

タップピッチも±0.01~0.05以下、バッチリの筈です。


しかし、組立てて見ると、入力軸が少し傾く訳ですね~

出力軸の位置は、設計寸法道理なのですが、入力軸が何故か合わない。

カップリングの、許容偏角は1°と有りますが、ぎりぎりです。

何より見栄えが悪く、気持ち悪いです。


何かが可笑しい筈と考えて、

メーカーサイトから頂戴してきたDXFデーターを原寸でプリントして、
フライス

減速機を載せて見た所、原因が解りました。
フライス

取付穴位置が4ケ所、

出力軸付近と思われる所を中心に均等にずれて、誤差になる事が判明しました。


推測ですが、減速機は、同じ枠番でも、色々な取付形式が有る為、

先ず、同枠番なら、全て同じ工程で加工できる、ケース内部の切削と研磨工程を行い、

その後、各々の形状に合わせたクランプ方法で、

ベースの穴加工の工程を踏んでいるので、このような誤差が出るのではと考えました。

いずれにしても、リーマネジ作戦は使え無い事が確定しました~


再度確認の為、普通のネジで固定し組立てた所、ベース穴の余裕を利用すると、

入力軸が正確な位置に持って来れることが分かりましたので、

CNCを使い、メーカDXFデーターで、ベース形状の板を、切り出して、

ガタの無い当りの良い所だけを、箱にテーパーピンを打ち固定しました。


案外順調に出来てたのですが、減速機を固定するのには、手こずりました。


この工程は、最終の面板仕上を予感させる、苦戦を強いられました。

その他は順調だったんですがね。 本当ですよ~

続く~


人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.