FC2ブログ
H25年「陶器祭」 3
すぐに更新する予定でしたが、

今月は決算月の為、そうそう遊んでばかりも居られない。

それに、修理工事が3件ばかり、急ぎで、こなさないと行けなくなり、

少し期間が空きました~


それでは、陶器祭り記事の続きです~

前回にも書いた通り、今年の陶器祭は、

普通の焼きは、一切行わないと決めて焼成していたので、

少し低い目の温度で、焼成して、冷却還元、炭銀化等の作品が上手く取れました。

所が、こってり付いた灰被りは、結構ハードに焼かないと、採るのは中々難しい物です。


しかしカブマツマジックを使えば簡単です。

紫松窯は、放って置いても1,500℃を軽く超えて行く昇温能力が有るので、

そう難しく無く普通に焼き上げる事が出来ます。

他の人達は、薪窯で何日も掛けて焼成している様な作品を、

2時間から3時間で焼成する事も、

「普通の焼きは、一切行わない」事の一環と言えます(ワライ~)



さて、さて、前置きはこれ位にしておきましょう。

今回の焼成した作品は、先月9月24日に大阪府池田市に有る、

↓ 三恵園 ↓で、
http://sankei-fukusi.or.jp/Institutions/Ike-San/

(社会福祉法人 産経新聞大阪新聞厚生文化事業団)

いつも陶芸作業を行っている皆様(3名)が、造られた作品です。


これが、素焼きの状態です。
手桶花入れ"

自分が見本で作ったのは、右奥の物で、あとの三つは、参加された皆様方の先品です。

次に1点ずつ詳細
手桶花入れ"

手桶花入れ"

手桶花入れ"

土は荒土を使用しました。

胴の削りや、取っ手の所が、おのおの個性的に出来ていますね~

中々の花入れです。


これ程のハイクオリティーな作品を、釉薬掛けて電気窯で焼成と言うのも勿体無く、

焼屋の血も騒ぎましたので、この陶器祭の日に焼成をする事にしました。


結果は予想通り~

コッテリと灰が被り、荒土仕立ても有り、更にダイナミックになりました。
(流れた、灰ビードロが、底にも付いて、荷解き後の月曜日に、同じ位ダイナミックな底磨りが、待っていましたが・・・)


3個並べて、水漏れが無いかを確認しました。
手桶花入れ"

拡大画像です。
手桶花入れ"

手桶花入れ"

手桶花入れ"

土見せ、緋色、灰被りのビードロのコントラストが、面白くマッチしています。

今回は、1,375℃(±30℃)で温度をキープしました。

最高1,405℃超え~

これは、荒土のでしか持たない温度でしょう。


ビードロのブルー色は、粘土と灰の中の鉄分が還元焼成で、発色する色です。

紫松窯は、刃物(日本刀や包丁)を鍛錬する炭燃料の炉を伝承した物なので、

この様な強還元の焼成が可能なのです。

終り~

H26年「陶器祭」に続くでしょう(鬼が笑う~)

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



H25年「陶器祭」 2
昨日の続きです~

陶器祭2日は、前日午後から焼成していた作品の取り出しからはじまります。

今年も、清水千代一先生が、特に、この陶器祭のデモ焼成用に、

ご準備下さっていた、オリジナル花器を、メインで焼く事が出来、とても注目を集めました。


清水先生の使用する粘土は、門外不出の地元丹波の土で、

大阪等、他場所への持ち出しは、出来ない決まりの為、

希少価値と言うより「立杭焼」の場所でしか、作陶出来ない粘土です。

当然、焼成する事も、この地でしか出来ず、

そして自分達は、毎年、此方のお祭に、参加できると言う事は、光栄であり、

とてもありがたい事と感謝しております。


さて、今年の焼成作品の仕上がりは、黒丹波を意識して見ました。

部分的な所に金色、銀色等の金属色、

所謂ラスター調の紋様も狙い、また火裏は、マットな感じも出し、

高級感がある仕上がりに窯詰めをしています。


その窯出しが、これだ~
陶器祭"

タイプNAは、穴窯仕様なので、火前は、少し灰被りで自然釉が流れています。

時間を引っ張ればモットモット流れたでしょうが、

この窯はビードロ狙いでは無いので、これで上々~

火裏も、マットなラスター調で、可也良い感じです。


そして、タイプMの窯出しは、この様な仕上がりです。
陶器祭"

通常追い炊きで焼成すると、中性炎から酸化炎に成り易く、

窯出し時、赤丹波になっている場合が、多いので、

燻り炊きで攻め、落し(冷却還元)で仕上げました。

それが功を奏して、

NAと同じ様に、灰被り&ラスター仕上がりで、大成功でした。


では、昨日も書いた、ナチュラルな灰かぶり、メタリックな窯変の作品の詳細です~

ロクロ目の花器、火表
陶器祭"

ロクロ目の花器火裏
陶器祭"

金色がとても良く出ていたので確りと撮ろうと、

カメラを立てに寄ったですが、この様な絵にしかなりませんでした~


偏平花器、火表
陶器祭"

偏平花器、火裏
陶器祭"

焼成中の炎により、金属色が何色も出て、艶やかな仕上がりに満足です。


自分の撮った、写真だとこの程度にしか見えませんが、

実物を見学していた皆様方には、とても好評でした。

此方の粘土は、内容物の成分作用で、ラスター釉を使用しなくても

炭で上手く窯変させるだけで金、銀、金属色の色が出て、本当に面白い粘土です。


毎年思うのですが、色々な地域地域の粘土を発掘するのも面白いかも知れないな~ と・・・・・、

(時間がありませんが~)


更にもう1回、

H25年「陶器祭」3に続きます~

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
最近、本当に忙しくて~
その割りに、全然儲からない~

ほとんど趣味の世界に、ドツプリと浸っていましたね。


今月は、特に先日の土曜日日曜日に、

「丹波、立ち杭焼きの陶器祭り」が有りましたので、

この現場でのデモ焼成を、万全を期するする為に、

ブログも3Dプリンターも少々お休みして準備しました。
陶器祭"

陶器祭"


その甲斐もあり今回もまた、

またナチュラルな灰かぶり、メタリックな窯変が出た、

素晴しくもあり、素朴な作品が多数採れ、紫松窯の面目躍如たる性能と言う所でしょうか。


自分は、作品を詰めて、火を付けただけで、

後は窯の解説をして、皆様方と楽しくお喋りをすると言うだけと言う、例年の通りのスタイル、

このフェスタを楽しむ事に徹して居りました。 いや~面白かった。


終わって直ぐで何ですが、例年、

「毎日が、陶器祭か、それとも、早く後365日程、経たないかなー」

と次の祭を、楽しみにして仕舞います。(それが祭と言う物でしょう。)


では、今回のフェスタの全容を紹介しましょう~

先ずは、カブマツイベントで、お馴染みの、

「紫松窯タイプNA(PAT取得済)」に窯詰めです。
陶器祭"

この程度の大きさで、炭を使用し、

自然吸気だけで必ず(5~6時間程で)1300℃以上の温度に上げれるのは、

いまだカブマツだけの技術力と言え、

この画像内にも、ノウハウの塊があちらこちらと・・・・・

技術の漏洩、これ以上、詳しくは申せません~


次は「紫松窯タイプM」(これもPAT取得済です)に窯詰め。
陶器祭"

陶器祭"

今年の窯は、全て普通には焼成しませんでした。

このタイプMは、高さ300㎜超えの作品を詰め、

追い炊きで焼成し、還元落し(冷却還元)で窯変を掛けました。


くり返し書いていますが、

この小ささで、短時間で、簡単に1,200℃以上の高温を出す窯は驚異的で、

しかも送風等の動力も使用せずに、と言う所が面白いと思いませんか~


違う角度からの説明を加えるならば、

炭や薪などの、固形燃料を使用し、自然吸気で焼成する炉は、

ある程度の大きさが有れば、昇温は容易で、設計施工に絶ち間違いさえが無ければ、

時間を掛ければ、だいたいの窯は、焼成温度(1,100℃~1,200℃)は得られます。

つまり、世の中には、色々な薪窯がありますので、

ソックリ真似をしても、ある程度の縮尺まで、縮小しても、

一応、陶磁器の焼成温度までは昇温出来るという事です。


では、ある程度の縮尺より縮小すると、・・・・・

当然、温度は上らなく成りますね~

理由は、以前、何所かに何度か書いたと記憶しておりますので、省略しますが、

(如何しても知りたいと言う方は、弟子入りしか有りません~笑)

素焼きも、出来ない程の性能しか出せない炉に、成る事も多々あります。


正に、このデモ焼成に使用している、紫松窯シリーズは、

この小ささの壁を超えた炉と言えるのでしゅ~


タイプS、タイプM、タイプLP全て、点火後2時間足らずで、1,500℃超えを実現出来、

タイプNA、タイプNA-Sは、追炊き4~6時間で、軽く1,300℃超え。

とっても高性能。

この陶芸窯にPATが5個も登録されて居るのが、証拠と言えば証拠ですがね~


宣伝が半分以上に成りましたが、本日は、これで陶器祭初日分終了。

2日目に、続く~

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/





3Dプリンター外伝Ⅱ~
最近出張続きで、なかなか更新が出来ませんでした。

前回「3Dプリンター外伝の続き」で、少し触れた、

超セラミック・ペーパー3mmでのテストですが、可也良い感じ~

その結果を報告したいと思います。


まず、超セラミック・ペーパーも、セラミック・ペーパーと同じく、

セラミックファイバー製品なので、やや毛羽だった状態の物です。

従って、atomのY軸に取り付ける迄に、ラッピングを行います。

ではその工程を紹介しましょう。


メーカーより、

注文していた超セラミック・ペーパーの寸法切が、無事届きました。
3Dプリンター"

開いて見ると更に緩衝材で防御。
3Dプリンター"

プチプチを解いて中身を取り出すと、

両面をダンボールで保護、とても厳重な梱包です。
3Dプリンター"

ようやく取り出し完了~
3Dプリンター"

セラミック・ペーパーの時と同じように、

ネジをかわす為の切り込みを行います。
3Dプリンター"

切り込んで見て、分かったのですが、

この超セラミック・ペーパーと言う物は、断熱ボード程では無いが、

セラミック・ペーパーより、硬くて脆い製品でした。

ガラス板を取付けるクリップの切り込み、

等あまり細かい細工に、割れる事が心配なので、

思いきってザックリとカットしました。
3Dプリンター"

スーパーの無料の袋に投入~
3Dプリンター"

不要な所を切り取ります。
3Dプリンター"

ポリイミドテープで止めれば出来上がり~
3Dプリンター"

接着面を裏にするなら、セロファンテープでも問題無しだと思いますが、

色が付いている方が、格好が良いので、耐熱テープを貼りました。


続く~

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/





Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.