fc2ブログ
H25年「陶器祭」 3
すぐに更新する予定でしたが、

今月は決算月の為、そうそう遊んでばかりも居られない。

それに、修理工事が3件ばかり、急ぎで、こなさないと行けなくなり、

少し期間が空きました~


それでは、陶器祭り記事の続きです~

前回にも書いた通り、今年の陶器祭は、

普通の焼きは、一切行わないと決めて焼成していたので、

少し低い目の温度で、焼成して、冷却還元、炭銀化等の作品が上手く取れました。

所が、こってり付いた灰被りは、結構ハードに焼かないと、採るのは中々難しい物です。


しかしカブマツマジックを使えば簡単です。

紫松窯は、放って置いても1,500℃を軽く超えて行く昇温能力が有るので、

そう難しく無く普通に焼き上げる事が出来ます。

他の人達は、薪窯で何日も掛けて焼成している様な作品を、

2時間から3時間で焼成する事も、

「普通の焼きは、一切行わない」事の一環と言えます(ワライ~)



さて、さて、前置きはこれ位にしておきましょう。

今回の焼成した作品は、先月9月24日に大阪府池田市に有る、

↓ 三恵園 ↓で、
http://sankei-fukusi.or.jp/Institutions/Ike-San/

(社会福祉法人 産経新聞大阪新聞厚生文化事業団)

いつも陶芸作業を行っている皆様(3名)が、造られた作品です。


これが、素焼きの状態です。
手桶花入れ"

自分が見本で作ったのは、右奥の物で、あとの三つは、参加された皆様方の先品です。

次に1点ずつ詳細
手桶花入れ"

手桶花入れ"

手桶花入れ"

土は荒土を使用しました。

胴の削りや、取っ手の所が、おのおの個性的に出来ていますね~

中々の花入れです。


これ程のハイクオリティーな作品を、釉薬掛けて電気窯で焼成と言うのも勿体無く、

焼屋の血も騒ぎましたので、この陶器祭の日に焼成をする事にしました。


結果は予想通り~

コッテリと灰が被り、荒土仕立ても有り、更にダイナミックになりました。
(流れた、灰ビードロが、底にも付いて、荷解き後の月曜日に、同じ位ダイナミックな底磨りが、待っていましたが・・・)


3個並べて、水漏れが無いかを確認しました。
手桶花入れ"

拡大画像です。
手桶花入れ"

手桶花入れ"

手桶花入れ"

土見せ、緋色、灰被りのビードロのコントラストが、面白くマッチしています。

今回は、1,375℃(±30℃)で温度をキープしました。

最高1,405℃超え~

これは、荒土のでしか持たない温度でしょう。


ビードロのブルー色は、粘土と灰の中の鉄分が還元焼成で、発色する色です。

紫松窯は、刃物(日本刀や包丁)を鍛錬する炭燃料の炉を伝承した物なので、

この様な強還元の焼成が可能なのです。

終り~

H26年「陶器祭」に続くでしょう(鬼が笑う~)

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.