fc2ブログ
6月4日晴れ~
 昔むかし、私の師匠が、
親方は、善悪の判断とあらゆる事の+も-も適正評価して、

もし○○になったら(だったら)または○○の時、▽△になるだろう(なるかも)、
すると◇◇出来るだろう。(出来るか?)
と考えておかないと、
と物心着いた頃(3歳位かな)の自分に、ひつこく話をしていたた事を思いだす。

 もし、RCFを施工した加熱炉や熱処理炉等を使う作業者も、規制範囲に含まれるなら、
保証問題が起こるだろう。そのとき、自分は保証できるだろうか?
 もし、RCFが石綿と同じ扱いになった場合、
無条件で施工した加熱炉や熱処理炉等を使う作業者も規制範囲に含まれる。
その時大きな保証問題になるだろう。自分は保証できるだろうか?
と此れ位の想像力は欲しいかな。

心配症になれと言うのでは無く此れ位の想像は心に思い浮かべてはと思いますが、
メーカも仕入れ先も
丸石FAX"
丸石FAX"
この認識しかないのでしょう。
緩く感じるのですが、各々会社のカラーが有る為、強制はできません。

ただ、この件については、このような方々に期待しても埒が明かないので、
他のRCF関連の疑問点を含め、
6月4日、元労働基準監督官である専門家に正式に依頼した所、2日間で報告書(結論)が出ました。
答えはズバリ、
RCFを施工した装置を操作したり近辺で作業している方の、ある条件の方は、やはり6 ヶ月に 1 回の、
特殊健康診断が必要で、各事業所は、 報告と30年間保存する義務があるとの事。
解釈上で悩ましい所があるとも言っていたが、上の認識で間違い無いそうです。

ここで、「ある条件の方」について細かい説明は書きません。
それについて気に成る方は、カブマツへ、電話でお問合せください。

次は、元労働基準監督官さんと一緒に、RCF工事を安全に行う
「作業手順(書)version1.01」を整備中です。
確認してもらうと、今まで行っていた工事手順version1.00も概ねOKでした。
ただ、また専門家の意見を取り入れ、
もう少しデバッグ(debug)することで、コストダウンし、より完壁な状態になれば、
同業他社も紹介出来る良いシステムに成るでしょう。
特許も取れるかも知れないと言う人もちらほら、
それだけまだRCF関連の業界が不安に思っていると言う事ですね~

続く。

人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/
スポンサーサイト



Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.