fc2ブログ
応用編です。
先ず粘土を準備し、凡その形を作ります。
花器生地

ワイヤーでカットし形を確定します。
花器生地

天辺から粘土を、くり抜いて、一部ヒビの亀裂を付け、
岩石調のテクスチャーを付けると完成です。
花器生地
ヒビを付ける事で、
中々自然な感じに、仕上がりますね~

素焼きして、
緑釉(灰たて織部)、穴窯の灰被り(ビードロ)、そして志野釉など、
色々試せそうなので、これから、この手の生地を作り貯めてゆきます。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非「ポッチ」とクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
どちらも「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.