fc2ブログ
先の記事では、
「志野の秘密について」と書きましたが、
つらつら私的な考えを書いただけで、
余り参考には成らないかも知れませんね。

能書き無しで、先ず出来上がりの画像をUPします。
志乃お茶碗
この生地を焼くと、

この様に仕上がりました。
志乃お茶碗

高台側です。
志乃お茶碗

予想通り濃い黒から赤が出ました。
其のままやや薄掛けに施釉するだけで、
赤や紅志野が取れそうな位の鉄分が浮き出て居ります。
下絵の部分も目を凝らさなければ分からない差しか無い程、
生地から鉄が出て居り、

この様子だと、予想通り、還元落としの急冷の場合(今回は超徐冷です。)は、
金色の志野が狙えると考えて良いでしょう。

また、昇温工程、練らし行程での強還元をやや弱めるだけで、
百草土と同じような風合が狙えそうな予感も有ります。

何にしても面白い結果が出ました。

続く・・・・

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非「ポッチ」とクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
どちらも「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.