fc2ブログ
窯出し作品の
続きで~す。

本焼前は、このお茶碗です。
志乃お茶碗
この生地を焼くと、

この様に仕上がりました。
志乃お茶碗

高台側の画像です。
志乃お茶碗

この生地についての、焼き上がりは、
焼成条件を変えない限り
予想から大幅にカワル事が無い様に成って来て、
歩留りが良く成りました。

この焼成条件が良いのか、安定してきたと言うべきか、
喜ばしい事で有ります。

また面白い事に、
作品の大きさには全く関係なく、
大型の花器から、ぐい飲みまで、
殆ど同じ焼き上がりに成る事も判って来ました。

当然、施釉の厚みや装飾も同じにした場合ですが、
興味深い結果です。

今回の記事の「お茶碗」と、次からの記事の「ぐい飲み」の焼き上がりとを、
是非見比べてください。

続く・・・・

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/


ブログランキングに参加しております。
是非「ポッチ」とクリックしてください。
ブログ

此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
どちらも「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.