fc2ブログ
火襷その2
昨日の続きです~
出来上りは失敗でしたが、手順が判る様に本日も画像を公開して行きます。

この花器を選んだのは窪みが多いので、
藁を密着させるポイントを説明するには持って来いの作品だったからです。

と言う事で本日は、前の記事で、
「くぼみ等でどうしても緩い所は、紙クズ状の物を細く捲いた紐状の物で、
くくり付ける様にすれば大丈夫です。」

と書いた事の説明です~

アルミホイルを細く切ります。
藁"

これを4回折りたたみ、紐状にする訳です。
火襷"

それからアルミホイルで紙クズ状の物を作ります。
火襷"

それらを昨日の物に巻き付けます。
火襷"
このまま素焼きでも良いのですが、
温度上昇と供にアルミホイルの紐が緩んで、
窪みを押えている紙クズ状の物が落ちてしまう事も有るので、

もう一重
火襷"
この様に巻いて置くと安心です。

これで焼き芋状態の完成です。
少し厳重ですが、窪みの少ない物は簡略化しても大丈夫です。

そして素焼き!!
火襷"
湿気を抜く穴を明けておきました~
良く分る様に藁の一部を引っ張りだしておきました~

今日は、ここまでとします。
この続きは、また次回のお楽しみに!!

さて引き続き宣伝です~
来月8月7日奈良県の北野木材株式会社様のイベントンで主張陶芸教室を行います。
今回、土は四将の土を使用し、
手回しロクロを使い花器や茶碗等を製作して貰えればと考えています。

紫松窯の焼成実演も行いますので、
紫松窯タイプM
窯や焼成に興味のある方も是非御来訪くださいね~

当然リフォームに興味のある方も是非ご参加ください。

↓↓アドレスはこちら↓↓
http://lifesketch.co.jp/

「イベント概要」を確認してください。
御参加希望の方は、申込のフォームも有りますのでご利用ください~



ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。
********************************************************
紫松窯陶芸クラブでは、
新たに会員を募集いたします。

当ホームページの内容は未だ変更して居りませんので、
詳細は、此方のブログを参考にしてください。

(特徴)
リサイクルの炭燃料を使用した、
独自の焼成技術で本格的な焼き上がりも実現できます。
エコ、エコ!!で薪窯の様な焼き上がりも!!

安心して作陶を楽しんで頂ける様に指導させて頂きますので、
初心者にも安心。
安心、安心。

手回しロクロ、電動ロクロ等を使用し、手びねり、タタラ作りなど、
多彩な技法に挑戦してください。
楽しい、楽しい!!

(日時)
毎週水曜日 午後1時30分~4時30分

(入会方法)
随時受け付け

(費用)
入会金 金¥10,000円
(退会時の返金は有りません。)

受講費は1回支払、またはチケット制です。
1回      ¥2,000円
11回分    ¥20,000円(チケットを渡します。)

焼成代 作品の重量 1g当り4円より、
     (志乃釉の場合は都度計算します。)

体験コース 1回¥4,000円  粘土500g付き、焼成代込

この様な感じで行っています。
お近くの方で、興味の有る方はお問合せください。

(住所)586-0094
大阪府河内長野市小山田町5365-23

株式会社 マツダ
(通称:カブマツの2Fで~す。)

(TEL)
0721-53-9444(松田まで)
AM9時~PM7時程度までなら繋がると思います。
********************************************************
紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/



コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.