fc2ブログ
また、続きです~
陶磁器
↑当社製品のセラミック、見事な変心パイプです~↑

ヒツコイようですが、これも立派な陶磁器で~す。

またまた前回の続きです~

・・・・・・では冷却しなければ、と思いますよね~

そう、スキッドレールに冷却水を流さず、耐熱鋼の丸棒や、

薄板をガイドやレールとして使用しているメーカーも有り、

当社も、他社メーカー用オプションで製作していた事も有ります。

これなら、このガイドが、一旦温度が上がってしまうと、

それ以上、無効電流が流れないので、確かに効果はあります。

正し、金属は高温になると柔かくなったり摩擦係数が上がったりする事もあり、

磨り減り易く、耐久力が無くなります~

長くて2か月程度、余り持ちませんね~。(1直8時間駆動時)

しかもコイル内に、ビレット以外の、

ガイドやレール取付の為の余分な隙間が、エアーギャップ以外に必要になります。

これは、インダクションヒーター(誘導加熱炉)は、出来るだけビレット外径に近い、内径のコイルで加熱する方が、

効率が良いとされ、スキッドレールや、ガイドやレールが無ければ、

エアーギャップ以外の隙間が、必要無くなる為、効率が上がる訳です。

加熱するビレット径にもよりますが、当社実績で、外径60㎜ビレット用のインダクションヒーターなら、

スキッドレールレス化と合計で、単純に15%程度以上、

ピーク最高で20%は省エネ化出来た実績も有ります~
(*注:ダミー投入時やプレスチョコ停の2度焼バイパススルー時等の生産コスト部分を、
マイナス換算すると実効効率は下ります。)


形状全てを公開しているのは、皆で使える様にする事で、

エネルギー使用料の削減=エコ=経費節減=競争力強化=お客様に良いことイッパイ

=カブマツ商売繁盛

と言う目論見です~

ややベタな宣伝でした~

電力量コストダウン、省エネ、CO2削減に関連していますので、

気に成る方は、是非お問合せ下さい~

続く~



ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。
********************************************************
紫松窯陶芸クラブでは、
新たに会員を募集いたします。

当ホームページの内容は未だ変更して居りませんので、
詳細は、此方のブログを参考にしてください。

(特徴)
リサイクルの炭燃料を使用した、
独自の焼成技術で本格的な焼き上がりも実現できます。
エコ、エコ!!で薪窯の様な焼き上がりも!!

安心して作陶を楽しんで頂ける様に指導させて頂きますので、
初心者にも安心。
安心、安心。

手回しロクロ、電動ロクロ等を使用し、手びねり、タタラ作りなど、
多彩な技法に挑戦してください。
楽しい、楽しい!!

(日時)
毎週水曜日 午後1時30分~4時30分

(入会方法)
随時受け付け

(費用)
入会金 金¥10,000円
(退会時の返金は有りません。)

受講費は1回支払、またはチケット制です。
1回      ¥2,000円
11回分    ¥20,000円(チケットを渡します。)

焼成代 作品の重量 1g当り4円より、
     (志乃釉の場合は都度計算します。)

体験コース 1回¥4,000円  粘土500g付き、焼成代込

この様な感じで行っています。
お近くの方で、興味の有る方はお問合せください。

(住所)586-0094
大阪府河内長野市小山田町5365-23

株式会社 マツダ
(通称:カブマツの2Fで~す。)

(TEL)
0721-53-9444(松田まで)
AM9時~PM7時程度までなら繋がると思います。
********************************************************
紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/



コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.