fc2ブログ
テスト風景
さてそれではヒーターのレポートです。
炉の設定は
炉内の大きさは400mm×400mm×高さ330mm
前回のクイズの回答時のままの状態に有り合せの断熱ボードで蓋をしました。
基準は紫松窯に合わせて
目標温度1,300℃
目標温度到達時間、電源投入開始から2時間
と言う設定で行いました。
(昔販売していた、紫松窯Lではこれ以上のスペック(仕様)で焼成していました。)

テスト日は2009年2月16日
PM3:15分 炉内温度   14℃ 電源投入
PM3:30分 炉内温度 663℃
PM3:45分 炉内温度 935℃
PM4:00分 炉内温度 1,087℃
PM4:15分 炉内温度 1,187℃
PM4:30分 炉内温度 1,262℃
PM4:45分 炉内温度 1,301℃ テスト終了

テスト終了直前の画像を公開します。
炉材05


温度計の拡大画像
炉材04

間違い無く1,300℃を越えています。なかなか良い性能でしたね。
反響が有れば、ヒーター単体の販売をしても恥を掻かないでゆけそうです。
(まだ未定ですが・・・)

このヒーターで陶芸窯を製作しても、一応、紫松窯基準はクリアー出来そうなので、
簡単なテスト炉を作って、10年前のように、また志乃でも焼いて見ようかなと考え中です。


紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.