fc2ブログ
前回、
勝手に略式計算して算出した、

京都市さんのBDF、

http://www2.jarus.or.jp/biomassdb/static/3/26/326000300.html#top

↑こちらを参考に算出しました。

その額138.454円と書きました

あの金額には、更にその前に書いた添加材類の30円は含まれておりますが、

他にもコスト高の要因が隠れています。

例えば、市バスに使用してる5%重量を越える混合BDF

1,000,000 L/年は、

記憶では、1Lあたり30円程度の軽油引取税の納税対象に成る為、

資料には無いコスト30,000,000円が加算され、

年間製造量1,500,000Lでならすと、

さらに21.3円増える事に成り、160円/Lに迫る燃料代です。


この事業は行政が、大規模に行っているから、この程度で済むだけで、

民間なら、他に先に書いた様に油の購入代金が必要になりす。


基本、廃棄物として回収した物は、現在の決りでは、

必ず処理を完全に決められた形で実施しなければならないので、

条件が変動する装置(エンジン用)の燃料として再利用は、許されませんね~

したがって、我々民間が行うなら、廃油を有価物として買い取り集めるしか無く、

合算すると原価200円/Lのプレミアム燃料の出来上がりと成る訳です。

あくまでも、原価、販売するなら、売価は更に高く成ります。



そうそう副生グリセリンの問題もあります。

今のところ、安価な再資源化の方法は存在しません。

民間の大部分の製造所では、わざわざ処理費を支払って焼却処分を実施しています。

よく言われる化粧品の原料として再利用するにしても、

さらに手を加えて純度を上げる必要があると思われますが、

このグリセリン廃液中にはエステル化の際の触媒として利用された、

KOHのカリウムが残っている可能性は高く、課題満載です。


話がそれたので少し戻して、京都市が、廃油を回収する場合は、

個人からリサイクル燃料として、無料で寄付してもらうと言う事に成り仕入原価は0~

したがって、製造されたBDFの原価は、160円/L

ちなみに、DMガソリンとの1リッタ-あたり47円からの差額は、

助成主体名が環境省と言う事なので、

京都市の人以外も含む国民みんなの税金で補填している訳に成ります。

個人的に、自分の車を走らす為に精製している方以外、

例えば大阪の堺市や、これから検討中のその他の自治体、NPO等は、

大きな無駄使いになっていないか、ならないかを、考えないと行けないですね~

それから、この数値は、公的機関がプラントを作り大々的に行ってのコストですから、

個人で行う場合、例えばガラスボールやビーカー等で、

実験的に生産する場合のコストとは全然違います。

正し、製造する人の人権費などで均すと、費用は結構かかるでしょうね~


自然の恵を、勿体無いから全部使い切ました、は良い事ですが、本当にそうでしょうか?

資源を無駄にしない為の無駄遣い、にならない事を希望します。


という事で、うちの場合は最初からSVO方式で活動を開始

発電機


廃食油のリサイクルに可能性を見い出そうと、トライしている訳です。

続く~

さて、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください。
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。
********************************************************
紫松窯陶芸クラブでは、
新たに会員を募集いたします。

当ホームページの内容は未だ変更して居りませんので、
詳細は、此方のブログを参考にしてください。

(特徴)
リサイクルの炭燃料を使用した、
独自の焼成技術で本格的な焼き上がりも実現できます。
エコ、エコ!!で薪窯の様な焼き上がりも!!

安心して作陶を楽しんで頂ける様に指導させて頂きますので、
初心者にも安心。
安心、安心。

手回しロクロ、電動ロクロ等を使用し、手びねり、タタラ作りなど、
多彩な技法に挑戦してください。
楽しい、楽しい!!

(日時)
毎週水曜日 午後1時30分~4時30分

(入会方法)
随時受け付け

(費用)
入会金 金¥10,000円
(退会時の返金は有りません。)

受講費は1回支払、またはチケット制です。
1回      ¥2,000円
11回分    ¥20,000円(チケットを渡します。)

焼成代 作品の重量 1g当り4円~より、
     (志乃釉の場合は都度計算します。)

体験コース 1回¥4,000円  粘土500g付き、焼成代込

製作するコースは、いずれも、5名以上の受付で開催。

この様な感じで行っています。
お近くの方で、興味の有る方はお問合せください。

(住所)586-0094
大阪府河内長野市小山田町5365-23

株式会社 マツダ
(通称:カブマツの2Fで~す。)

(TEL)
0721-53-9444(松田まで)
AM9時~PM7時程度までなら繋がると思います。
********************************************************
紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.