fc2ブログ
新陶芸窯完成。
自作派に最適な、新陶芸窯が完成しました。

唐突ですが、2月の記事を覚えているでしょうか?
電気炉のテスト風景を3回程度紹介した物でした。
そうです、あの気温から1,300℃まで1時間30分で昇温してしまう
スーパーヒーターの記事です。
rozai005.jpg
思い出して頂けたでしょうか?
あの記事ではヒーターを並べただけの粗末なテスト風景を紹介しましたが、
その後、反響が高く、あまりにも問い合わせが多かったので、
4月からインターネットでの販売を開始しておりました。

前回までは、自作の方々の部品として主にヒーターしか売れていなかった為、
余り良い記事を紹介出来ませんでしたので、沈黙しておりましたが、
今回、久々に(2年振り)当社で、製品までに組上げる機会が有り、
また、御客様の御承諾も頂けたので、
本日12月7日、お客様に御引渡致しました製品について記事を書きます。

と言う事で、今日は
最終塗装前の製品画像を公開します。

先ずは扉の開いた所(コントローラー側)
kama001.jpg

先ずは扉の開いた所(背面)
kama002.jpg

扉の閉じた所(コントローラー側)
kama003.jpg
グレーの色は耐熱400℃のプライマー塗料で、
この上に銀色の仕上げ塗装をします。

この陶芸窯は、
①ヒーターを含む部品単位での販売、
②炉本体のみキットでの販売、
③全部品(コントローラーも含む)のキット販売、
④完成品販売
と4形態での販売展開を考えており、
(ただしキット販売は200V単層(30A)、6Kw/hの仕様のみです。)
必要な部分を、組み合わせ単位でバラバラに購入する事も協力出来るので、
窯までをも自作して見たいと考える方には最適だと思います。
自分で出来る部分は自分で製作すれば費用も安く成る訳で、
窯全ての部品を購入するにしても、とりあえずヒーターのみ、次に本体フレーム、
そしてコントローラー、またはコントローラーは自作やパソコンで制御すると言う具合で、
必要になる物のを順次購入して行くと言う事で、
一度に掛かる費用を抑える事も可能です。

今回は、御客様の要望で、コントローラーは使いなれた物を移植すると言う事で
炉本体のみキットでの販売+現場組立と言う仕様で購入頂きました。
画像のベージュ色の部分が前に使用していたボイスオブセラミック窯のコントローラーです。

プレハブ式の窯なので、普通車に乗せて持ち込み現場で組み立てました。
マンションやイベント会場にも乗用車で持ち込む事が可能なので
これからが楽しみな製品です。
詳細は、次回 完成画像と一緒に公開します。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.