fc2ブログ
報告、遅くなりました~
しばらく出張続きで、

貸し出ししていた、油圧スピンドルのフライス盤引き取り、

エンシュウのフライス盤の修理

加熱炉の攪拌ファンの溶接修理、

インダクションヒーター用スキッドパイプ断熱絶縁処理など、盛り沢山~

明日は、来客と、役所でバイオマスタウン会議などもあり、

1週間が、瞬く間、あ~と言う間で週末です。


CnCですが、その後、なんとか、ハンドパルサーは、取り付ける事が出来、

ようやく各軸の隙を探ることが出来ます。

20年超え選手のダイヤルケージ君の登場です~

まずはX軸、
フライス

そしてY軸、
フライス
(ダイヤルケージをセットする時の注意として、
ダイヤルケージ駆動軸は、必ず各々軸線に並行にセットする必要があります。
平行から外れた分だけ計測誤差がでてしまいます。)

今回の測り方は、まず、CNCの表示画面の計測座標数値を0mmにします。

ハンドパルサーを+側に回して行きます。

ダイヤルゲージが5㎜(針5回転)移動した時、

画面の表示が、正確に+5㎜に成るよう、

パルスレートを計算して、プロパティの数値を合わします。

それから、正確に更に+2㎜(合計表示は7㎜)まで移動させます。

ハンドパルサーのモードを1パルス0.001㎜に変更します、

そして、ダイヤルゲージが反応するまで-側に回してゆき、

針が動いた瞬間の表示画面の-0.001㎜が軸の隙間になりますので、

これ(-0.001㎜した数値)を、パルスレートのバックラッシュ補正値へ入力すれば良い訳です。

何度も計り、計測した数値、

X軸の隙間は0.184、Y軸の隙間は1.032を入力しました。


さて、これで万事用意が出来た訳ですが、

更にド壺に嵌ってしまいました。


新に作ったGコ―ドを走らして見ると、
フライス
前と全然変わらない様です。

X軸頂点付近超えではそうでも無いのですが、

Y軸頂点付近超えの所はフラットな所があり、

バックラッシュ補正の効果が出て無いようです。

もう少し大きな数値を入れ無ければ駄目なのかとも考え、

+0.5㎜づつして、最終5㎜までバックラッシュ補正値を入れて、

ワークは無でのテストしましたが、

バックラッシュ補正をしている様な、動作は現れませんでした。


この時点で、もしかするとソフトが悪いのかとも考えましたが、

ロックヒル様が主催するHP
http://homepage3.nifty.com/rockhill//


「旋盤で作る天体機材&自作CNCで遊ぶ」の掲示板で、

だいぶん前に、

同じUSBCNCで、見事な風車型をした、バックラッシュの実証画像を拝見した事が有り、

何かしら自分の設定不足が、まだあるのではないかと考え、

プロパティの中の数値を、関連しそうな物全て、変更してさらに数日試して見ました。


しかし、壁です~

どうしても、解決の見込が見えないので、

2月13日、ロックヒル様の掲示板を通じて、

ロックヒル様や、CNC先輩の皆様方に教えを請うて見ました。

すると、ありがたい事に、直ぐに、お返事を頂き、

さらに、新に再検証をして、

見事に風車型にバックラッシュ制御された画像を、公表して頂き、

USBCNCのソフトは、前ヴァージョンとの事ですが、

他のかたの所では、問題無く動いている事が再確認出来、元気が出ました。

自分の設定に、何か間違いが無いかと考えていた時でしたので、

しっかりと参考にさせて頂こうと確認していた所、

風車型にバックラッシュ制御された画像に書いて頂いていた

速度、加速度の数値が、自分のとは違う事が分かり、

参考にさせて頂く事を伝えると、

さらにプロパティデーターと共に、制御プログラム(Gコード)も教えて頂きました。


気分一新、翌日から2日間、色々な速度と加速度データーでテストしまくりました。

しかし、移動時の動きで機械が少し揺れる程まで、

スピード35mm/S、加速度は15,000mm/S2でトライしましたが駄目でした。


ここで、少し前からの疑問、

「usbcnc3.52.8バージョンは、Gコードで自動切削の場合、バックラッシュ補正には、対応して居ない」

と言う可能性がほぼ確信に近く成り、

オリジナルマインドさんにもその事を質問して見ました。


しかし、バックラッシュ補正に対応して居ない場合は大変です。

せっかくのCNCが平面仕上げ程度しか、自動で使えない状態で、

是が非でも、対応しているソフトを、探さなければ成りません。

ロックヒル様がテストしてくださった、バージョン3.27は、もうメーカーサイトにありません。

仕方がないので、バージョン4をインストールしてみました。

現在はまだ、オリジナルマインドさん推奨では無いので、

心配もありましたが、思い切ってインストール。

少々手間取りましたが、なんとか起動出来ました。

プロパティのパルスレート、バックラッシュ補正値等を、

バージョン3.52.8から、そっくり写し、

前回のプログラムの丸く削りこむ所だけを取り出した物を読み込み、

主軸をスタート、切削油をだして、

いざ、緊張のスタート。

するとあっけなく成功~

バックラッシュ補正しながら円運動しております。
フライス
バックラッシュ補正の状態は、少し暗いですがハンドル部分の動画で記録しました。

サムネイルをクリックすると、動画サービス画面が開きます。

登録しログインが必要かも判りませんが、良ければご覧ください。

出来上がりがこれです。
フライス

外丸はの内径は30φです。中心の穴は、10Φのエンドミル穴です。

穴各部の誤差は、ノギス目で0.1㎜以下でした。

これなら、使えそうです。

なんとか、皆様かたのお陰で上手く行きました。

本当に感謝しております。

後は、ダクトや、カバー類の錆びを落として塗装、

残り配線を仕上げて行きます。

続く~

新しく、人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.