fc2ブログ
織部~
最近CNCの事ばかり記事にしていましたが、

当然陶器屋もやってます~

忙しので、自分で作るのは、ほとんど休憩中ですが、

相変らず、頼まれ物を焼くのは、頻繁にあります。


そして特に大物、これは良い仕事に成ります。

窯に納まるなら、大きければ大きいほど大歓迎です~


今回持ち込まれた生地は、そう言う大物で≒φ510㎜、高さ300mmのシンクでした。

素焼する時は、窯の横面素線に当る大きさでした~

素焼は、必殺、棚板傾斜でしのぎ、傷も無く成功~


そして本焼きと言う事に成り、上薬の相談。

炭窯を使用した、無釉の灰被りを提案しましたが、速攻却下~

お客様の要望では、

「焼き上がりに力(パワー)が感じられ、気合いは入るだろうが、ちょっと違う~

毎日、顔を洗うのに使う物だから、もっと艶やかな物を」

と言う事で、無難に織部釉に決定~


最初は、お客様が、窯詰まで自分でやりたいとの事でしたので、

「施釉は、やや厚塗にしてくださいね」と伝えると、

あっさり「やっぱり難しいので、お任せします」との事、

出来上りを想像し、たっぷりと着けました~


そして焼成100時間

出来上りが、

これだ~
プレス

釉薬を厚塗したので

水栓金具をの取付穴を見事に埋める結果です~
プレス

殆んど塞がっています~


こうなれば削り取るだけです。

灰被りをしていると、底や高台の釉流れを削って仕上げ、

逆にそこを見どころにするのが常なので、道具は揃っています~

(ただ今回、いくら仕上げても、金具(水栓金具)に隠れて見えなくなりますが・・・)
プレス

最終、取り付ける金具(水栓金具)に合せて微調整を行い、
プレス

引き渡し~

とっても喜んで居られます。

今日あたり、大工さんが取り付けるとの事です。

素焼きを預かって、1週間程度の戦い、

久々に、良い緊張感を味わう事が出来、面白かった~

皆様も、なにか大物があれば、お声を掛けてください~

新しく、人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.