fc2ブログ
続・3Dプリンタの続き~
外伝~ネタも並行してテスト中ですが、

中断していた、Xキャリッジ、エキストルゥーダについてまとめて見ます。

と言いましても、Xキャリッジは、前回までに組み立てた、

X軸の稼動部分と周辺材料の事で、すでに一応取り付いています。


したがって、前回組み立てたホットエンドを、この様に↓、取り付けて完了です。
3Dプリンター"
↑上から見た所です。

3Dプリンター"
↑やや横から見た所です~

この様に、ホットエンドのブラケットに、ネジ2本で締付けて完了。


そして、ついにエキストルゥーダの組み立てに掛ます。

この部分は、ホットエンドと同様、CNCには無い装置で、

ノズルから樹脂を押出したり、止めたりする事を制御する所です。

3Dプリンター各自、各社、色々な特色が有り、

おのおの、試して行くのも、趣き深いかなと考えています。


3Dプリンター自作を志した頃、情報収集している時、

エキストルゥーダの不調により、プリントを中断すると言った内容の記事を、

何度か見かけていたので、気合を入れて組み立てて見ました。


組み立て前に、マニュアル通り部品を拾い、またまた並べて見ます。
3Dプリンター

今回組み立てるのは、DD(ダイレクトドライブ)方式で、


予習していた物に比べると、とてもシンプルな構成です。
3Dプリンター


このL字形の金具に付いたベアリングと、
3Dプリンター

このステッピングモーター軸に取り付けたホイルで、

ピンチローラーを構成し、フィラメントを挟んで押出すだけです。


結構強いバネで押しています。
3Dプリンター

自分携っている、IH鍛造炉や、

フォーマーの材料供給用ピンチローラーの大きさと換算するとこんな物なのでしょうね~


指で握ると結構な反発です。
3Dプリンター

↑この状態で、


↓ステッピングモーターの軸に、ホイルを差込ます。
3Dプリンター

オンラインマニュアルによれば、

このホイルの芯出しは、フィラメントを実際に通して行う相ですが、

残念ながら、手持ちが有りません。

仕方が無いので、少し細いですが、


自動溶接機のワイヤー1.6Фを使い、この様に芯出しをしました。
3Dプリンター


この様に、隙間から6角レンチを差込、
3Dプリンター

ステッピングモーター軸のDカット部分に、

ホイルのホロセットネジを締め上げ固定、そして残りのネジも締めて固定完了~

ギリギリの所で固定出来る、見事な、そして繊細な作りです。


本体のZ軸ガイドのネジを1つ外して取り付けます。
3Dプリンター

ワンタッチジョイントにホースを差込、


エキストルゥーダの組み立てと取り付けが完了です。
3Dプリンター

これで、本体はほとんど完成です。


この時点では未だ、Genkeiさんから、

X軸、Y軸用の正式なタイミングプーリが、届いて居らず、続きは、

お盆の長期出張工事も控えて居り、3Dプリンター所では無くなり、

ゆっくり ゆっくりと言った所でした。

そして、一部出張工事も終了し、一旦帰宅していた8月18日に、

この待望の部品が届き、試運転の目処が、建ちそうに成りました。

続く~


人気サイトランキングにも参加しました。
クリックしてくだされば、嬉しく思います~

人気サイトランキング

そして、今まで通り、ブログランキングにも参加しております。
とっても励みになりますので、是非「ポッチ」とクリックしてください~
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村

そして、此方にも参加しております。
一旦戻ってもらって、
「ポッチ」とクリックして頂くとうれしい~です。
ブログ


ショッピングカート
http://sisyougama.cart.fc2.com/
是非おこし下さい。

********************************************************
さて、紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.