fc2ブログ
ビードロの焼直し
 ビードロの焼き直しについて書前に、
本日も志乃の画像を一つ公開します。
志乃夏茶碗

私が遊びで作った轆轤目急須に、遊びで絵志野を施釉しました。
あくまでも遊びですが、良い仕上がりです。
茶器にすれば良かったです。

さてビードロの焼き直しに戻りますが、
元々当教室の生徒さんより預かったのは
ビードロ

ビードロ

とこんな感じの物でした。

詳しい場所を書くのは差し控えますが、
某陶都で穴窯焼成が体験できると言う所で作陶し焼成後送られて来た物らしいのですが、
穴窯と言うより、
「緋色釉をスプレー掛け後 灰釉を杓掛けし灯油窯で焼きました。」
と言った感じの出来映え。
また底の仕上げもダイヤで名事削る有り様、なので・・・・・

生徒さんは納得が出来ないらしく、
当教室のビードロ見本の様に成るなら焼き直して欲しいと言われ
ビードロや灰釉は得意分野なので、引き受けて見ました。
焼き直し後は、次回公開します。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ



コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.