fc2ブログ
次回の
水指画像は、割れずに乾燥出来れば、
これで行きたいと思います。

六面交互岩石調と言った感じです。
水指志乃


蓋を外した所も撮りました。
水指志乃


今回も、水指なのでタタラで製作しました。
土は、珍しく艾を使用しました。
いつもは、古陶か古信楽も細目を使用しているのですが、
ピンク色の緋色が見たくて、この土を選びました。
唯々サクくて直ぐに罅割れがして中々手古摺りました。
画像は有りませんが、
高台は切りっ放しの碁笥底に、
乾燥した粘土を押しつける粟高台にして見ましたが、
成功すれば、面白いかも知れません。

現在 お茶碗は、400℃有ります。
明日の夕方には出しますが、また所用で出かけるので、
画像の公開は明後日に成るかも知れません。
長石釉厚掛けで、所々気泡が入った面白い物に成る予定です。

紫松窯の事を、もっと良く知りたい方は。こちらまで↓
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/kabumatsu/

ブログランキングに参加しております。
是非ポッチとクリックしてください。
ブログ



コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 福業陶芸家、将の日々悲喜こもごも. all rights reserved.